花粉症の季節用に買ってみました|購入品|資生堂 dプログラム アレルバリア エッセンス BB ナチュラル

89b3c0fff7f8d18cb25c70a2080e91cd_s.jpg
花粉症の季節、今年は多いとの予測ですね。私はスギ花粉には反応しませんが、通年性のアレルギーがあります。涙目になる原因の一つは、やはりアレルギーのせいではないかと思い、この季節になると買うのが 資生堂 dプログラム アレルバリア 。今回は今シーズン新しく出た、資生堂 dプログラム アレルバリア エッセンス BB のファーストインプレッションです。

花粉やほこりから肌を守ってくれる?|資生堂 dプログラム アレルバリア エッセンス BB

資生堂アレルバリアは、花粉やちり、ほこりなど微粒子のアレルゲンから肌を守ってくれるシリーズで、保護美容液のアレルバリアエッセンス、保護クリームのアレルバリアクリームがこれまで出ています。私は昨シーズン、目尻のヒリツキや肌荒れ対策としてアレルバリアエッセンスを使っていました。
そして今シーズン、新しく発売されたのがこちらの エッセンス BB です。

透明タイプのアレルバリアエッセンスに、BBの効果もプラスされたエッセンスBB

昨年から使っているアレルバリアエッセンスは白の液体ですが伸ばすと透明になるものです。こちらも気に入って使っていますが、スキンケアの最後にエッセンスを使い、さらにファンデーション…というプロセスが多すぎてすこし億劫になることもありました。そんなときに出たこちら。すぐに飛びつきました。

ルックスはシンプルでおしゃれ

まずはルックスから。
大きさは7~8センチくらいです。

アレルバリアのシリーズはシルバーのボトルが基本なので、こちらもシルバーがベース。BBなので、下半分は肌色の帯がかかったようなデザインになっています。モダンでシンプル、おしゃれなボトルです。私はこの見た目にも惹かれてしまいました。

色は「ライト」「ナチュラル」の2タイプ

色は2タイプ出ています。

明るめの「ライト」と自然な肌色の「ナチュラル」。私は「ナチュラル」を買いました。まだ今日初めてつけたところですが、「ナチュラル」はオークル系の標準色か一段暗めあたりの色でしょうか。つけてすぐは濃すぎるかなと思いましたが、なじめば違和感は全くありません。

BBといえば以前はグレー系の色ばかりでしたが、今や本当に自然で使いやすい色ばかり。こちらも普通に使えそうです。

テクスチャー

色のついていないエッセンスと全く同じ、さらりとした液状です。BB「クリーム」ではなくBB「リキッド」、それもかなり粘度は低い感じです。リキッドファンデーションよりもさらさらしていると思ってよいと思います。

さらさらしすぎてつけにくいかと思いましたが、手のひらに取ってから両手の4本の指で軽く伸ばしていけば大丈夫でしょう。

使い方

1円玉硬貨大が一回量です。これより少なくしすぎると、ムラの原因になるかもしれません。

1円玉大を手に取って、半分量くらいから伸ばしていくとちょうどよいと思いました。手と指で伸ばしてもきれいに伸ばせますが、しっとりタイプではないので、顔の半分ずつをきちんと仕上げていかないと、乾いてしまうかも。

カバー力、仕上がり

サラッとした仕上がりです。カバー力はBBなので高くありません。「下地」ですからこんなものでしょう。でも何もしないでいるよりも整って見えるので、休日家にいるだけという予定の日なら、これで十分かもしれません。

仕上がりはさらっとしていて、薄づきです。乾燥した感じはなさそうです。

6時間後の感想

足りないと感じるところには付け足してください、とあったので、目の下には付け足してみました。

さて、今、つけて6時間後ですが、よれたり厚ぼったくなったりはしていません。

肌へのフィット感を大切にした「ミネラルカバーパウダー」と「スムージングオイル」が配合されている(資生堂HPより)ということで、長時間崩れないことが特徴のようです。触った肌の感触は、しっとりではなくてサラサラ。今日はKat von Dのコントゥアパウダーのパレットを使ってセットしていますが、一日外出の予定がないのでけっこうパパッとつけたのです。そのわりにはとても持ちがよく、見た目も変わりませんでした。


昨日購入して、早速のファーストインプレッションです。
今後また使ってみて、気づいたことがあったらレポートしたいと思いますが、アレルギーをお持ちの方は試してごらんになってもよいと思います。


この記事へのコメント